「全く同じ生き方」をする必要はない

吉岡純子さんの小話

このお話をしている方は、YouTubeチャンネル”魔法使いの学校”、会員制コミュニティ”魔法使いの国”吉岡純子さんです。(2021年4月13日配信)
ご本人の音声でお聴きになりたい方は YouTube からどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=VSD2xDMbmRI


「お手本となる人の真似をしすぎないほうがいいよ」というお話。

こういう人、ステキだなぁとか
こういう人みたいになれたらいいなぁとか

そういう見本としたいとか、自分のお手本になる人っていると思うんですけど

そういった方々のモデリングをするのは大切ですが
モデリングと完璧に真似をするというのは違う。

その人たちを参考にしすぎて、自分を見失わないでほしい。

私が「新月だから、宇宙にオーダーの入れ直し、した方がいいかな」って言った時
「確かに!!!」って、気分がワクッ!ってなった人はやってもらいたい
でも、自分の中でワクッともしない「はっ!?」って感じがあったらやらなくてもいい

どんな時にも自分の感情に注目をしてもらいたい
自分の感覚を信頼してもらいたい

なんでこのお話をしようと思ったかっていうと
昨日の配信(「さらに自分の”価値”に気づいて花のように生きよう」)のチャットやコメント欄で

「泣けたよ」
「自分が頑張っているのに、それに気づいてあげられなかったな」
「もっと、もっと、自分を褒めてあげたいと思う」

って方が多かったかなって思ったの。

もっともっと
自分自身が頑張れているってことに気づいてもらいたい
自分自身が素晴らしい存在であって
自分自身に誇りを持ってほしい
って話を昨日はさせていただきました。

自分に誇りを持つ、自分を信じる
その意識に入れないって、無意識のうちに誰かと比較しているっている状況が起きている。

これは顕在意識では気づいていないってことがよくあります。
自分ではそんなことはしているつもりはないっていうパターンはよくあります。

例えば
家事をどうしてもやりたくない時、
「食器洗うのめんどくさ〜」とか
「洗濯物、今から回すのすごいめんどくさい」と思った入する時

いや、でも世の中の出来る女性陣はちゃんとテキパキと
洗濯や食器洗いをやっちゃうんだろうな〜って思うと

これはもう比較です。

比較に入って、
「やっぱ、ダメだなぁ、私」みたいな感じに入ってしまう。

無意識なんだけど、出来ている人たちと自分を勝手に比較をしてしまって
その人たちが出来ているであろうというものが
今、自分が出来ていないと、ダメな気持ちになったり、置いてきぼりにされたみたい
そういう感じになる時がある。

そのパターンに入らないでもらいたいな。
それで、今日このお話をしようと思ったんです。

世の中で出来ているって見える方や
自分より長けているって方々がやっていること
自分自身が追いついていないなって思うと

無意識に
「私ってホントにダメなやつ」ってなって
そこからの派生で、いろんな妄想始まる

そして、自己否定したり
ひどい言葉がけを自分にしてしまう。

だからこそ「私はこれでいいんだ」っていう
自分自身を信頼してあげるってことを覚えていてもらいたい。

さっきの「宇宙にオーダーの入れ直し」の例でいくと
「新月のオーダー!」「オオーーー!」って私は思うから言うわけです。

でも、それを聞いて「へえ〜・・・、なんか別に・・・」「ああ、そうですか・・・」みたいな
感じだったら、その感覚を信頼してもらいたい。
自分の感覚が反応しないってことは、今必要ないってことだな。
そんな感覚でいてほしい。
自分自身が「やっぱり、オーダーをあげたいな」って思った時がベストタイミング

確かに綺麗に片付けた方がいいんだろうな・・・
しかし、今の自分は体を動かしたくないと言っているという感じがあるんだったら
その気持ちを信頼して、やれるタイミングを見つけてやろうという気持ちでいる。

そういうふうにいてほしい。

そうそう、この間の YouTube の配信の時に、今後は配信が
減るかもしれないっていうのを、お伝えさせていただいていたんですね。
でも、YouTube をやっている人たちからすると「え〜〜〜!?」って感じなんですね。

せめて、週3回は上げなよとかね。
YouTubuって10分か20分以内の動画にした方がいいとか言われているんですけど
私、思いっきりそれを破ってやっているんですね。
あとは、アップした動画を消したりだとか。

そういうのって、YouTubeをやっている人からすると、「何やってんの?」みたいな
感じなんですね。

私は自分の心が乗らないとか
体を無理させて、必死に「ハアハア、ハアハア」息が浅くなっているような状態
「今日もやらなきゃ」「今日は何を喋ろう」「どうしよう、どうしよう、どうしよう
という状態で、水曜日と日曜日を迎える状況になるのは絶対に嫌だと思ったんですね。

模範となるような人たちがYouTubuはこうやってやるといいよって言っているのは
全て知っているんですけど、それはわかってるけど、

それをやった時に、本当に、私が伝えたい言葉っていうものを
本質的な部分をお伝えできるのかって
それはかなり疑問だったんですね。

登録者さんが減っても
再生回数が減っても
あいつ世の中から消えたなって言われても
そんなのはどうでもよくって
その時にご縁がある方に、私が本気で伝えたいもの
ぱんっ!と伝えるっていう、このスタンスは絶対に私は崩せない

それで、自分のタイミングで配信させていただきますってお伝えしたんですね。

勇気がいることなんです。
ああいう決断をするのは、実は。
なんとなく、ヘラヘラって感じでお伝えするんですけど、
その裏では、数週間、考えるわけですよ。
「あ”あ”〜〜」「どうしよう・・・」「どうしたらいいの?」「あ”あ”〜〜」みたいな・・・

どうやって考えても
「宇宙の法則」で考えたって
「波動の法則」で考えたって
絶対こっちが正しいなって。

まあでも、どの理論を持って自分の生きる道を決めるかっていうところでは、
私の今回の決断が間違っているっていう方がいても自然なんですけど。

豊かな波動豊かな感情を味わいながら、豊かな波動を発して生きるということを
皆さんにどこまでも伝えている人間としては
それが枯渇しているような豊かな波動でない状態で
情報を出すっていうことだけは、絶対に出来ないんですよ

決断してみたら、視聴者さんから「ゲリラ的にやるのもいいんしゃない」っていうような
ご意見とかも頂いて、そういう情報をキャッチできたのも、ありがたかったな

モデリングしている人とか
お手本にしている人っていう方々の在り方、考え方、やり方を
参考させていただく部分は徹底的に参考にさせて頂くんですけど
ただ、どんな時でも
最後の決断決めるときはここなんです。
「自分のハート」

自分のハートがどのように反応を示しているか
自分の波動というものが、感情であったり波動っていうものが
どのような状態になるのかというところで、全てを判断する

だから、皆さんに知っておいてもらいたいのは
お手本になる人、そのまんまになろうとする必要はないし
それをやってしまうと、無意識のうちに「比較」の意識が入って
自己否定に入りやすくなってしまう。

その意識に入らないためにも、どんな時にも
「答えを持っているのは自分しかいない」という意識
持っておいてほしいなと思います。

教科書通りに生きようとすると辛くなることがある。

これは「宇宙の法則」に振り切ってお話をすると、
スピリチュアル的な要素からお話をすると、
「宇宙は無条件に愛してくれる」って言われるわけですよ。
どのような姿であっても、
どのような生き方であっても、
「宇宙は無条件に愛してくれる」

それをどこまでも愚直に信頼して生きると
宇宙は「ひいき」する感じがある。

なんていったらいいか、「ひいき」っていう言い方が正しいかどうか分からないんですけど

Going My Way すぎる人。
あの人、なんかうまくいってるよなって人、いませんかね?
なんかすっごい楽しんでいて、周りはうまくいかないだろ?って
思っていてもうまく着地させる人。
それって、「波動の法則」とか「宇宙の法則」に則って生きているですよね。
本人は理解していないけど。
ただ楽しみながら、自分を信頼して、豊かな波動で生きている。

宇宙はどのような人でも、無条件に愛してくれる」
自分の深層心理で思っているものにそこから出てくる波動に
宇宙は「イエス」って答えてくれる。

自分のハートの動きをみながら
答えは自分の中にしかないという意識を持ちながら
自由に生きてみてください。

「これでいいのだ!」
バカボンのパパとして生きよう!(www)

お手本の人を見本にしすぎない。
その人に自分がなろうとしない。
どこまでも自分自身の感覚を信頼して、自由に、自分の好きなように
素敵な現実を創っていってください。


このお話をしている方は、YouTubeチャンネル”魔法使いの学校”、会員制コミュニティ”魔法使いの国”吉岡純子さんです。(2021年4月13日配信)

”魔法使いの国”で会員に配信されたものを要約しました。

たった一人でもいいから、笑顔になってくれたら嬉しいなという想いで、”魔法使いの国”のルールに則り掲載しています。

①魔法使いの国( https://wizardry.land/prepage/?march)に参加しています。
②この話をしているのは この人( https://youtube.com/channel/UCGX0i593ciGvM-6hY3yg0Dg)です。

ご本人の音声でお聴きになりたい方は YouTube からどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました